bblk

呪術廻戦の感想、あとは読んだ本の備忘録とかです。

呪術廻戦 第32話「反省」感想

今週の扉絵はポップな感じのセンターカラー。

喋らなければ美男美女。

 

f:id:bblk:20181023003616p:plain

 

虎杖の水木しげる感。

 

 

さて。先週、意外な形で幕引きとなった真人編。

今週は温泉で疲れを癒す呪い達の会話から始まります。

 

 

 

f:id:bblk:20181023004133p:plain

 

↑ 呪術廻戦のマスコットキャラこと漏瑚さん。

小さくなってマスコット感にますます磨きがかかる。

 

 

ミーティングの結果、指を全て宿儺に捧げた末に自分たちが全滅しようが、最終的に「呪いが人として立っていれば良い」という結論に。

 

 

f:id:bblk:20181023005331p:plain

 

 

同胞の存続のためには自らの命を捨てることも厭わない、呪いのくせになかなか利他的な精神をもった奴らです。

 

高専保有する6本の指を回収するという当面の方針も無事決まったところで、舞台は五条先生とナナミンに移ります。

 

 

 

f:id:bblk:20181023005649p:plain

 

 

世の中で一番やっちゃいけないフリを一番向いてなさそうな人にやっちゃう五条先生。

 

 

信頼の上に成り立つ会話のドッチボールが続く最中、わくわく少年・虎杖が乱入。

そういえば故人の設定であった彼(表紙見て思い出しました)、皆との久々の再開を前に、せっかくだからとサプライズの企画が立案されます。

 

 

f:id:bblk:20181023010626p:plain

 

 

んんー。ゲロは新しい。ちょっと見てみたい。

 

 

そして唐突な地球温暖化

ひえっひえになる結果を予見した的確な自己分析だといえます。

 

 

再び場面は変わり、天然をかまし続ける表情豊かな釘姉さんと、それをクールに対応する東京校の皆さん。

 

そして現れし京都校の面々。

 

 

 

f:id:bblk:20181023011638p:plain

 

 

濃い・・・!

 

 

五条先生大好きツンデレ剣士、魔女っ子、Mr.フルスイングにいた蛇の奴、性格悪い姉、性癖インタビュアー、そして・・・

 

 

 

 

f:id:bblk:20181023012313p:plain

 

 

 

うおおおお!!!!

 

 

 

アルティメット・メカ丸!

 

 

 

 

うん、逆に高専ぽいかもしれません。

テレビでロボコンやってたらついつい見ちゃいますよね。

 

 

そういえば、釘姉が岩手から東京へ来たみたいに、京都校の生徒も西日本中から集められていたりするんでしょうか。

この面子の中にも出雲出身とか大宰府出身とかいそうです。

(なんとなく東堂先輩は九州っぽい・・・)

 

 

先生もいました。

 

 

f:id:bblk:20181023013140p:plain

 

 

準1級ってなんか良いですよね。

NARUTOの「特別上忍」とかも好きでした。不知火ゲンマ渋いっす。

 

 

お顔の傷は東堂先輩のと同じに見えます。

過去に対峙した呪いによるものでしょうか。

 

 

 

そしてついに・・・

 

 

 

f:id:bblk:20181023013457p:plain

 

 

 

 

べーーーーーーーーん

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bblk:20181023013604p:plain

 

 

 

ですよねぇ・・・

 

 

小島よしお懐かしいですね。

 

  

さて、京都の皆さんもお土産に夢中な中、一番驚いていたのはまさかの学長のおじいちゃんでした。

サプライズは一番どうでもいい人に届いてしまったようです。

おじいちゃんブチ切れて横顔が鼻血噴き出たみたいになってます。

 

 

そして涙目の釘姉。

 

 

 

f:id:bblk:20181023014133p:plain

 

かわいい・・・。

今週のジャンプで一番かわいい。

 

ちなみに二番目にかわいかったのがこの子。

 

f:id:bblk:20181023014534p:plain

 

 

ナナミンばりに死亡フラグをへし折って生き延びて頂きたいものです。

 

 

 

「虎杖、命を賭してスベる!!」

最後のアオリも良いですね。編集さん、さすがです。

 

 

どんなダークファンタジーだって、たまには日常廻も必要です。

今週も確かな満足。

 

 

 

<おわり>